保存方法

ドッグフードの味を確かめる方法

愛犬のメインの大切な食事であるドッグフードですから、当然少しでも「安全かつ美味しい製品」を選択すべきですし、そうしてあげたいのが全ての愛犬家の望みであり義務だと言えるでしょう。
今日市場に数多く流通するさまざまなドッグフード製品から、どの商品をチョイスするのか頭を悩ませるのも現状でしょう。
世間が「売れ筋」と声を揃える商品、有名ブランドという「安心感」を優先する場合、
あるいは「お買い得だから」と飼い主側のお財布事情が選択の鍵となるケースもあるでしょう。
「お買い得だから」と選んでいる人はあまりにも安すぎる商品は危険ですのでドッグフードの価格相場を参考にして選んだ方が良いでしょう。

ですが愛犬の立場を最優先するのであれば、やはり外せない査定ポイントが
「ドッグフードの味」http://dogsroom.material.jp/d3.htmlである事に違いありません。
そこで愛犬家の皆さんにぜひ実践していただきたいのが、ドッグフードを自らの口に入れて確かめる行為なのです。
「人間に犬の餌を食べろと言うのか!?」との疑念の声が聴こえて来そうですが、犬の餌は動物が食して生きて行く為の栄養食材ですので、人体に毒となる事はありません。

勿論犬の食べ物ですから、私達が「うん、これは美味しい」と感じる可能性は果てしなく低いのが現実ですが、どのような香り、風味であるかを確かめる事は可能です。
実際に各製品を口に含む事で、それが肉系なのか魚系なおか、濃い味なのか薄い味なのかを判断出来ます。
自分が愛犬に与えているドッグフードの風味を知っておく事は、決して無駄な知識行為ではありません。

この習慣を重ねつつ愛犬の食欲を観察する事で、少しずつ確実に愛犬の味の嗜好が見えて来るのも大きなメリットです。
愛犬の好きな食べ物が理解出来ているという状況は、双方の距離が大きく縮まった嬉しさを運んでくれます。

更に年月が流れて愛犬が老犬の時期にさしかかれば、健康に害となるのが過剰な塩分であり、高血圧などの要因となるこうした含有物を事前に確認する意味でも「口に含む行為」は効果大です。
塩分の強い味にインパクトを持たせたドッグフードは確かに、犬達の食いつきが良いのも事実ですが、健康に視点を合わせれば必ずしもベストとは言えません。
飼い主である私達自身でこうしたリスクを回避してあげる事も、愛犬と1日でも長く暮らして行く上で大変重要な作業なのです。

確かに各メディア上に踊るさまざまな宣伝文句からも、ドッグフードの味を推察する事が可能ですが、それはあくまで文言から来るイメージに他なりません。
ドッグフードは毒ではありません。
私達には味覚食感が備わっており、それを活かすのは口の中です。
ドッグフードを自らの味覚で確かめた上で愛犬に与えるメリットは計り知れません。

ドッグフードの中には渡したい人間が食べることのできない肉や成分が含まれている商品もあります。
そんな商品をかわいい愛犬にあげたくはありませんよね?
これは絶対に安全であるという保障はできませんが、国産の天然素材を配合したドッグフードや無添加にこだわったフードなどは愛犬家たちから人気のようです。

このページの先頭へ