ドッグフードを選ぶポイント
保存方法

ドッグフードを選ぶポイント

愛犬家なら誰しも、少しでも犬の健康に良く美味しく食べる姿を見せてくれるドッグフードを選択したいのが心情です。
ですが今日市場には無数とも言える程の製品が流通しており、そのパッケージや宣伝を目にすればする程、冷静な選択に迷ってしまうのが現状ではないでしょうか。
ここでは皆さんがより冷静的確に、それら多くの製品の中から「愛犬に安全かつベストなドッグフード」を選ぶ際のポイントをご紹介してみたいと思います。

犬は元来肉食の動物ですので、まずは主たる原料が「肉」である事は外せません。
今日国内ではペットフードの原料がその使用量の多い順番に全体の80%までを明記する事が義務付けられていますので、最も多い原料が肉のペットフードがベストです。

また表記方法に関しても、その肉が鶏肉なのか羊肉なのか七面鳥なのか、詳細を明記してある製品であれば安心です。
ここでの注意点として「チキンミール」「乾燥鶏肉」「鶏肉副産物」などと表記されている場合、いわゆる擬似肉であるケースも多々見られますので、しっかり詳細を確認しましょう。
単に「肉類」などとアバウトな表記の製品は避けた方が賢明です。
そしてもう1つの注意点として、アレルギー体質対応の製品やダイエット目的の製品の場合は、主原料が肉とは限らず野菜や魚の場合も見られる事を知っておいてください。

また含まれている穀物に関してですが、とうもろこしや大豆、小麦などは犬の体質には不合致です。
原料穀物が米、大麦、玄米などがベターです。

次に動物性脂肪(ラード)にも着目してください。
多くのドッグフードには犬がより食いつき易い製品とすべく、動物性脂肪を用いていますが、これは酸化しやすい保存性の低さを伴う成分です。
当然保存目的の添加物が加えられており、これが犬の健康上有害であるケースが見られるので要チェックです。
仮に用いられている場合、具体的にどのような成分の酸化防止剤なのかを明記してある製品を選択してください。

その他ドライフードの場合、私達与える側の手に触れた時に脂っぽくギトギトとまつわるドッグフードも要注意です。
こちらも保存優先の為に表面上に余計な加工が施されているのがその理由であり、中長期的に愛犬が食し続けると体内にそれらが蓄積してしまう懸念があります。
添加物だらけのドッグフードは危険ですので、http://www.netbaza.net/erabinopoinnto.htmlでも紹介されているような原材料にこだわられたオーガニックフードなどが良いでしょう。
多少お値段が高くなっても愛犬の健康のためです。
価格帯ばかり気にするのはやめましょう。

専門的に掘り下げてドッグフードを選択しようとすると、時に減点法に走り過ぎるあまり「与える事が出来る製品が見当たらない」という負のスパイラルにも落ち込み兼ねないので要注意です。
世間で評判の良い製品を数種類ピックアップの上、自身の愛犬の立場から絞り込んでチョイスしてあげてください。
また、かかりつけの動物病院の推奨しているドッグフードを試すという手もあります。

このページの先頭へ