保存方法

猫にドッグフードを与えると失明する?

動物好きの方の中には「猫も犬も動物だし自分達の家族の一員だし、ドッグフードもキャットフードも同じような物だろう」と深く考えず、同じ市販品を与える方も実際に見られます。
そんな一方で「猫にドッグフードを与えると失明してしまう」なる、もしも本当なら無視出来ない声が存在するのも事実です。

結論から先に述べますと「猫にドッグフードを与え続けると、最悪失明し兼ねない」というのが現実です。
短期間なら特に問題無いかと思いますが、猫の主食をドッグフードにしてしまうと、最終的には重大な視力障害を生じてしまう事を、私達飼い主側はしっかり認識しておかねばならないのです。

私達の視点からすると、何となく犬と猫を一括りに捉えてしまいがちですが、両者は全く異なる生命体である事を忘れてはなりません。
猫は犬と比較して、より大量のアミノ酸やたんぱく質を摂取し続けなければ健康に生き続けられない哺乳類なのです。
その為ドッグフードをお腹一杯食べ続けたとしても、生きて行くに際して必要な栄養素を十分に摂取出来ません。
とりわけアミノ酸の一種のタウリンに関しては、猫は外からの摂取に頼らざるを得ない体質であり、キャットフードには豊富に含有されていますが、これはドッグフードには殆ど含まれていません。
このタウリンが猫の体内で不足してしまうと、網膜に障害が生じて視力が低下してしまい、最悪失明に繋がってしまうのです。

ここで私達飼い主側が解釈を違えてはならない点として「ドッグフードが猫にとって毒となる」と捉えてはならない事を挙げておきます。
ドッグフードでは猫が健康に生きて行くのに必要な成分を十分に摂取出来ず、そんな中でもタウリンの欠乏が猫の視力低下に直結してしまう、この正しい知識を持っておかねばならないのです。
実際ペットフードの宣伝やドラマのワンシーンなどでは、犬と猫が1つの皿に盛られたフードを仲良く食べるシーンが頻繁に確認出来ます。
この風景だけを切り取って捉え、何の疑いも無く実践してしまう事が結果、猫の体調を取り返しのつかない状態に導いてしまい兼ねないのです。

商品名も「ドッグフード」「キャットフード」と各々犬用、猫用と明記されています。
それには当然、明確な理由が存在しています。
世の中には犬と猫をひとつ屋根の下で飼っている人は数え切れませんし、犬と猫が共存する事も決して難しい事ではありません。
但し主食に関しては、犬と猫は同じ食事をシェア出来ません。
私達人間側の誤った解釈で、大切な愛犬の家族である愛猫を苦しめてしまっては、本当にいくら詫びても取り返しがつかない事、ぜひこの機会にしっかり再確認しておいてください。

このページの先頭へ