保存方法

ドッグフードコーディネーターになるには

皆さんは「ドッグフードコーディネーター」なる職種をご存知でしょうか?
この職業はドッグフードの新たな開発に携わったり、年々増加を見せるドッグカフェのメニューを考案したり、具体的なレシピを考案する仕事です。

昔の飼い犬の食事と言えば、私達人間の食べ残しを混合して与えるのが主でしたが、その後犬の健康に配慮し、何より犬が喜んで食べるドッグフードへと移行して来ているのは周知の事実です。
犬の体質などの研究も進み、ドッグフードは今日も日々進化を続けており、ペットブーム到来と相互作用で更に注目を集めているのもご存知の通りです。

現在このドッグフードコーディネーターとなる為に、特に必要とされている資格は存在していませんが、自身で勝手にこの肩書を名乗っても現実仕事を得る事は困難です。
やはり犬と接する職種に就くところからスタートするのが賢明です。

ペットショップやドッグカフェやペット用品を扱う店舗で働く事で、まずはキッカケを掴むと良いでしょう。
プライベートなスタンスで自身の愛犬だけと寝食を共にするのではなく、不特定多数のお客様の愛犬、商品として愛犬家の家族となる日を待つ子犬達を世話する立ち位置に立つ事が重要です。
プロの視点でお客様の愛犬にとってベストをお届けする勤務を通じてこそ、初めて学び気づく事も少なくありません。
多くの品種の犬は各々性格も個性も異なり、そんな犬達の世話を通じて体得した知識と経験があればこそ、各々にベストマッチの食事やライフスタイルの提案が可能となるのです。

ある程度の経験と実績を積む事で、フリーのドッグフードコーディネーターとして独立する道もありますが、現実それだけで生計を立てるのはかなり難しい事は踏まえておきましょう。
肩書きを重んじる訳ではありませんが、ペット管理栄養士といった資格を有していれば、こうした職業のキッカケを掴む際などに有利に働くかも知れません。
勿論資格取得に向けての学習過程こそが、皆さんの大切な知識となる事は言うまでもありません。

特殊技能を仕事とする以上、決して平坦な道ではありませんが、大好きな犬の健康を守り、愛犬家の人達とコミュニケーションを図る事が出来る素敵な仕事です。
今日第一線で活躍している諸先輩に続く選択肢は誰にも平等に与えられています。
ドッグフードコーディネーターは犬好きの方々にとって要注目の職種である事に違いはありません。
犬の健康と楽しく美味しい食生活を自分の手で整え届けてあげられる、素晴らしい職種なのです。

▼ドッグフードによるトラブルはこちら

このページの先頭へ