保存方法

涙やけを防ぐドッグフード

愛犬家の誰もが頭を悩ませ心を痛める症状と言えば、愛犬の涙やけに他なりません。
手作りのドッグフードがベストだとの声が大きい中、自身の毎日を思えばとても日々手作りして与える事は出来ない方が大半でしょう。
それならと市販品に目をやれば、あまりに多くの「涙やけ改善効果抜群」と謳う製品が並ぶ中、選択に困ってしまうのも現実です。
パッケージを確かめれば「獣医さん推奨」「無添加で安全性抜群」「超低価格を実現」など、確かにどのコピーにも魅力を感じてしまいます。

ここではこうした今日の現状を踏まえ、涙やけ改善効果を1日でも早く確実に愛犬に届けてあげるべく、踏まえていただきたいポイントをご紹介しておきたいと思います。
まず第一に「避けるべき食べ物」を知っておく事が不可欠です。
愛犬の涙やけの大きな悪しき要因となっている食べ物があります。
それはもしかしたら皆さんが日々何の疑いも無く与え続けているかも知れない「おやつ」の「犬用のガム」「ジャーキー」なのです。

ペットショップを扱う量販店ではこれらの安価な商品が多数販売されていますが、これらには食品添加物や酸化してしまった脂分が大量に含まれています。
ちなみにジャーキーは私達人間はとても食せないレベルの肉を犬用に加工して商品化しており、これらに含まれる悪質な脂は当然犬の肉体にも悪影響を運んでしまいます。
何より消化器系に大きな負担を掛け、それが涙やけに直結してしまうのです。
子犬の躾段階でご褒美におやつを用いる事は珍しくありませんが、こうした食品を与える事は絶対に避けてください。

その他添加物が豊富に含まれる食品も避けてあげましょう。
添加物が体外に排出される際には涙と共に出される為、結果涙やけとなってしまいます。

また健康上重要なたんぱく質に関しても与え過ぎは禁物です。
過剰なたんぱく質摂取状態となれば、添加物と同様涙に含ませて体外に排出するため涙やけを招いてしまいます。
犬の品種や体格、年齢などに応じて必要摂取量が当然異なって来ますので、適量をキチンと見極めてあげましょう。
涙やけ改善には現在のメインのドッグフードより低たんぱく質、低脂肪の製品に切り替えてみるのも一案です。

またお買い得感を前面に謳った大袋のドッグフードを買い置きしていたり、製造から長時間をかけて輸入運搬されたドッグフードは酸化してしまい、それが涙やけを招く事となります。
経済的な負担は避けられませんが、製造日や消費期限に着目し、こまめに購入する事でも涙やけを改善出来る場合が少なくありません。

このページの先頭へ