保存方法

猫にドッグフードを与えてはいけない理由

多くの動物好きの方が犬と猫を一緒に飼っています。
テレビCMなどでも犬と猫が1つの更に盛られた食事を仲良く食するシーンが流されており、特に違和感を覚える事がないのも私達の感覚だと思います。
ですがこの光景、実は猫にとっては健康どころか最悪生命に関わる「危険なシーン」なのです。
人間の食べ残しを犬や猫にそのまま回し与える行為とは全く異なる事を、私達飼い主側はその理由も含め、キチンと踏まえておかねばなりません。

犬と猫はその体質が全く違い、猫には積極的に摂取を続けなければならない「ある栄養素」が存在しています。
そしてどれだけドッグフードをお腹一杯食べたとしても、それを体内に補う事が出来ません。
理由は既にお察しの通り、ドッグフードにはその大切な栄養素が含まれていないからなのです。

そんな猫が外部から摂取を続けなければならない栄養素の代表格が「タウリン」という魚肉、貝類などに含まれるアミノ酸の一種です。
猫の体内でこのタウリンの欠乏が生じると、最初に視力が衰え始めて目が見えなくなってしまうのです。
当然キャットフードはこのタウリンを豊富に含有しているのです。

犬と猫が仲良く1つ屋根の下で暮らす事は、決して難しい事ではありません。
但しシェア出来ないのが「食べ物」である点を忘れてはなりません。
私達人間の先入観として「みんな家族だから」「一緒」という感覚がありますが、犬と猫は生物的には全く違う生き物です。
私達はドッグフードを主食に健康的な生活を維持出来ないのと、根底は一緒なのです。

ペットフードが「犬用」「猫用」と区別されている以上、各々犬や猫に必要な成分の含有率を違えてあって当然です。
仮に明日、皆さんの家に新しい家族として猫が加わったと仮定した時、今現在愛犬に与えているドッグフードだけをメインで与えてはなりません。
猫もドッグフードを食しますが、先に述べた体内のタウリン不足から視力を失ってしまうばかりか、更なる体調悪化に繋がってしまいます。
ドッグフードは犬にとってのベストな食品製品である事を、基本中の基本として覚えておきましょう。

猫にはタウリンを豊富に含有するキャットフードを与えてください。
私達人間の赤ちゃんには離乳食を、あるいは病院食が病人各々に必要な栄養バランスを考えて調理されており、それらを食事として提供するのと一緒です。
各々が健康的に成長し生命を維持する上で、日々摂取せねばならない栄養素は異なっており、その分量も各々なのです。

このページの先頭へ