保存方法

老犬用ドッグフードの選び方

私達人間と同様に、犬も年齢を重ねるに連れ、老化が身体のあちこちに現れて来ます。
運動量も自ずと減少し、免疫力、基礎代謝、筋肉も緩やかに低下を続けます。
当然食欲も減り、消化器系の働きも鈍くなっていますので、結果十分な栄養素の吸収が困難となってしまうケースも見られます。

私達のイメージからすると、老犬には低カロリーで低脂肪の食事が良い印象がありますが、これらを与える事が更に栄養不足を招いてしまいます。
いわゆる「寝たきり犬状態」の引き金となる事も少なくないのです。
犬は私達人間よるも遥かに多くの脂肪摂取を必要としている事を、飼い主側がしっかり理解しておかねばなりません。

食が細くなっている老犬だからこそ、少ない量でも十分な栄養が摂取可能な高い栄養価のドッグフードを選択しましょう。
そして犬の体重体型にも注意を払い、年齢と共に痩せて来ているのか、あるいは肥満傾向が見られるのかをしっかり見極め、体調に応じて食事を与える事も大切です。

また先に述べた通り、消化吸収力も衰えていますから、こちらに関しても優れたドッグフードを選択してあげましょう。
せっかくの栄養素がそのまま排便されてしまっては本末転倒ですし、何より「食べる」という行為自体、老犬にとっては楽しみより肉体的負担を伴う事も見落してはなりません。
だからこそ「食感」も重要なポイントです。
歯や顎も弱って来ますので、咀嚼に負担がかからず飲み込いやすい食感のドッグフードがお薦めです。

今日数多くの老犬用ドッグフードが市販されており、品種や体格に応じた必要とする成分を含んだ製品が揃っています。
それまでの成犬用から突然100%老犬用に切り替えると、犬は戸惑ってしまい食べなくなる可能性もありますので、上手にスライドしてあげる配慮を忘れてはなりません。
食いつき加減も含め、1日に必要な摂取量を確実に食し、体重の急激な増減に繋がっていない点も見極めてあげましょう。

私達のおじいちゃん、おばあちゃんを見守るのと一緒です。
長い年月を共に暮らした家族の一員が、更に1日でも長く健康に過ごして行けるか否かの「要」おなる老犬用ドッグフードの選択には、正しい知識と視点が不可欠です。
最後に忘れてはならないポイントとして、老犬は抵抗力や免疫力の低下でお腹を壊しやすくなっていますので、ドッグフードの管理状態にも気を使う事をお忘れなく。
消費期限の確認など当たり前の事を徹底してください。

生後まもない仔犬には栄養価の高いドッグフードをあげましょう。

このページの先頭へ