保存方法

ドッグフードを食べない時はどうすればいいの?

全ての愛犬家が1度は頭を悩ませるのが「愛犬がドッグフードを食べてくれない状況にどう対処するのか?」という切実な問題です。
冷静に考えれば私達にも食欲減退はごく当たり前に生じる事ですが、生命体は食べなければ生き続ける事が出来ず、愛犬がそうした症状を見せれば当然心配は尽きません。
「深刻な病気なのでは?」と真っ先に懸念して当然でしょう。

ですが犬がドッグフードを食べない殆どの理由、それは「単なるワガママ」なのです。
犬達は人間のように表裏を持たないストレートな動物ですから、食べたくなければ食べません。
ドッグフードに口をつけないのは、言葉を持たない犬達が「これは嫌だから他の食べ物を与えて欲しい」と意思表示しているケースが大半です。

例えば母親と子供の関係で子供がこうしたワガママを言えば、当然叱られる流れとなりますが、犬は「ワガママを意思表示したら叱られる」という事自体理解出来ません。
叱りつけて説教しても、渋々食べてくれる事は無いのです。

ここからは飼い主である私達に精神力が求められる話となりますが、しっかり理解してください。
健康状態を害していない犬であれば、与えたドッグフードを食べないからと他の食費を与えなくても衰弱したり餓死する事はありません。
数日間そのまま放っておけば、空腹に耐えかねて園ドッグフードを食べます。
食べなければ引っ込めてしまい、食事タイム毎に同じドッグフードだけを準備してやるのも一案です。

ですがここで障害となるのが、飼い主の愛犬への「情」であり、人間側が折れてしまっておやつや他の食事を与えてしまう展開となってしまうのです。
一旦この流れに味をしめてしまうと、その先に待っている状況は皆さんお察しの通りです。
ドッグフードどころかその都度飼い主が工夫して差し出す食事にさえ「ワガママ」を繰り返す最悪の習慣が身に付いてしまうのです。

こうした成犬の悪しき習慣を未然に防ぐ為に、子犬の時期に徹底しておきたい事があります。
それは生後1年以内はドッグフード以外は一切与えない事です。
子犬時代に美味しい食べ物を一旦覚えてしまうと、人間の子供がごはんよりおやつを欲しがるのと全く同じ状況に繋がってしまいます。
幼い頃から「過剰に口が肥えた犬」となってしまうと、後々苦労するのは飼い主側なのです。
犬は私達人間以上に「美味しい食べ物を記憶する動物」という事をしっかり踏まえ、敢えて「知らせない」事も大切なのです。

このページの先頭へ